MENU

過払い金請求の流れ

天秤

当時の書類が無くても可能

法律事務所のテレビCMなどで耳にして、もしかしたら自分にも払い過ぎた利息があるかもしれないから過払い金請求をしよう、そう決めた場合ですが早めに法律事務所に相談をすることです。過払い金請求の債務整理を考えているが、今は忙しいから暇になったらと考えている方がいます。実は、過払い金請求ができるのは完済をしてから10年以内と期限があるのです。10年経過すると時効で請求する権利を失います。また、取引していた消費者金融が倒産してしまっても請求ができなくなるので早めの手続きが必要です。法律事務所の相談ですが、債務整理に特化した事務所であれば基本相談料と着手金は無料です。電話やWEBで面談の予約を入れることからです。面談日当日ですが、印鑑や本人確認書類などを持参する必要があるのですが、過払い金を調べてもらうのですから当時使っていたカードや契約書、領収書などが必要な気もしますが、完済と同時に破棄してしまって持っていない、当時の契約書を証明するのものが無くても借りていた金融機関名さえ分かれば問題ないです。本人確認が取れれば取引履歴を請求することができますので、後は法律事務所のほうで利息制限法以下に引き直し計算して債権者に対して交渉等を行ってくれます。過払い金請求は債務整理の一種ですが、完済債権であれば債務整理といっても信用情報に事故情報は登録されない手続きです。残高がある場合は、任意整理となるので事故情報が登録されるケースがあります。